中医学(漢方)の教え

秋になると、夏の暑さで水分をたくさんとり、おなかが冷えている状態です。おなかは、免疫の要。そして、肺や粘膜にいる免疫細胞をつくるところでもあります。漢方では、おなかの働きのことを”脾(ひ)”と呼んでいます。...